読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阿波のような愛だった

日々の阿波を綴ります

同じ渚/同じ罪

1月9日月曜日

成人の日なのでお休み。起きたら10時だった。

 

昼過ぎから久しぶりにギターを弾く。山下達郎の"BOMBER"を弾いてみる。カッティングって、自分の手癖というかノリ癖が染み付いてしまっているもので、この曲の細かいカッティングにはついて行くのが大変。

 

晩ごはん食べてる時に、理由もなくどんより落ち込んできてしまう。家族と喋るのが億劫になる。ブルーマンデー症候群かしら…。

 

何もする気が起こらず、ラジオ聴きながら携帯でゲームする。R-TYPEは難しい。

 

1月10日火曜日

社用車の助手席に乗って、今日の現場に着いた時、なんだか見覚えのある景色だと思った。仕事中、訳あって空き時間ができた。お客さんから「浜でも見てくれば」と言われて、先輩方と海岸へ向かった。松林を抜けて驚いたのは、その先の海岸が、この日記の最初に貼ってある写真に写っている海岸と同じ海岸だったからだ。

去年の6月、私は今と違う仕事をしていて、その仕事で溜まりに溜まった鬱憤が、梅雨にも関わらず、家から2時間以上もかかるこの海岸へと私を走らせたのだった。もちろん車で。私の脚で走ると22時間以上掛かるからね。

梅雨だからもちろん曇り、小雨で、どんよりした海岸で、私はひとりきり、落ちてるタイヤで遊んだりしていた。蟹が道路を横断していたのを覚えてる。1時間くらいしたところで、家のそばに住んでる同僚にお茶しようと呼び出されて、急いで帰ったのだった。

その海岸に今、偶然来ているということを、なんとなく言い出さないようにしながら、私はぼんやり海を眺めていた。先輩方も海を眺めたり、話したりしていた。タイヤが落ちてるか探したいような気がしたけれど、どうかしてる人だと思われそうだからやめておいた。前に来た時と違って、とてもいいお天気だった。

f:id:abshchr:20170110204848j:image

f:id:abshchr:20170110205029j:image

f:id:abshchr:20170110205000j:image

現場が終わって、会社に戻っている時にも、車窓から綺麗な夕焼けが絶えず見えていて、この風景の中にずっといたい、この風景の中で遊んでいられる職業はなんだろう、と考えていて、カメラマンかなと思った。

そんな呑気なことを考えていると、不意に息が苦しくなりはじめる。会社に戻り、仕事が終わる頃には胸も痛くなっている。たまにこの症状出るけど何なんだろう。家に帰って一息ついたら、熱っぽいような気もし始めたので、お薬飲んで早めに寝よう…と思ったけど眠れず、仕事の復習をしていたら、とある天才から久しぶりに電話が!楽しいひととき。

 

1月11日水曜日

6時半に起きて、8時から仕事。20時に終わって、20時半に家に着く。

 

昨夜に電話をもらった天才とかつてバンドを組んでいた友達からラインが来た。どういう風の吹き回しと思っていたら「あけましておめでとう」とのこと。律儀なのね。電話も掛かって来たのだけど出れなかった。掛け直しても繋がらず。

 

1月12日木曜日

過呼吸ってどんな感じなんだろう、と思いながら、乱れた息を整えようとしていた。とにかく深呼吸を、呼吸のペースを下げようと、リズムマシンのテンポのツマミを絞るように、深呼吸を続けた。私は特定の宗教は信じていないが、そういう時に、神様という言葉を折り込んだ文言をぶつぶつ唱えていることが多い。今日は、大量の神様が見える、だった。深呼吸をしながら、大量の神様が見えると唱える私は、やっぱりどうかしているように見えるだろうか。ともあれ、最近呼吸がおかしい。

 

仕事から帰ってTasoの"New Start"(2016)を聞く。一聴してすぐ、音が夜そのものを想起させるのはなぜか、と考えてリバーブの掛かり方かもしれないと安易に思う。サンプルの和音の感じも夜。

ジュークは何かと混ぜることで効果覿面になることがあると思うのですが、"Am Track"聞いてて、おっレゲエの感じがあるなと思ってたとこに、"Murda Bass"はダブ!三連が大切だったり、ベースが重かったりと、ジュークとダブは相性良いのかもなと思いました。混ぜるの大事、それがポップミュージック。

 

1月13日金曜日

6時に起きて、7時半から仕事。

今日のお昼は丸池製麺所というところで頂いた。温かいぶっかけうどんの大が400円で、ほっぺた落ちそうなくらいおいしいなんて。おいしいセルフのうどん屋さんは、街のオアシスである。

現場が終わってからコンビニに寄った時に、今いるのが岡山なのか徳島なのか、一瞬分からなくなった。コンビニはみんな造りが似たり寄ったりだからかと思ったけど、ここが東京だとは全く思わない。東京のコンビニって狭いよね。東京って何もかもが狭い。ハチの巣みたいだ東京。

20時に仕事が終わって、のんびり帰って21時。こたつに入ってぼんやりしていたら今日が終わっていた。

 

1月14日土曜日

お給料日の後の土曜日がお休みだったら私は毎月通っている病院に行くことにしている。10日がお給料日で、今日はお休みだった。行かなくてはならない。脇町から193号線を通って山を越え、塩江を抜けて高松に入り、いつの間にか193号線が11号線に変わっていても気にせず進み、観光通りにぶつかったところを右折して、踏切よりも手前で左折すると琴電瓦町駅にたどり着く。私の通院している病院はその瓦町の駅前にある。遠い。

通院を終えて、行きつけにしてる中華屋さん、ドント飯店で焼き飯を食べて、瓦町の駅ビルで買い物。まず靴屋さんでスニーカーを買って、次に楽譜を買おうと思って本屋さんに行ったのだけど、目当ての楽譜が置いていない。駅ビルを出てアーケードの中にある楽器屋さんまで歩いて行く。目当ての楽譜が置いてあったのでほっとする。コーヒーが飲みたくなったので、アーケードの中の南珈琲店という喫茶店に入ってブレンドコーヒーを頂く。

f:id:abshchr:20170115001310j:image

香ばしくておいしかった。車を置いたコインパーキングまで戻り、清算しようとしたらあいにく万札しかない。両替しようと思って近くにあったパチンコ屋さんに入ったら、久しぶりに打ちたくなってしまう。昔ながらのパチンコ台があったので、それに決めて打つ。パチンコ打ったこと三回くらいしかないので、よく分からないまま3000円使って400円勝つ。

 

I am a sinner who's probably gonna sin again
Lord, forgive me
Lord, forgive me
Things I don't understand
Sometimes I need to be alone
Bitch, don't kill my vibe
Bitch, don't kill my vibe

 

もうすっかり日が暮れている。お腹が空いたので天下一品でラーメンを食べる。さみしくなったのですずきくんに電話して、話してもらいながら、今朝来た道を戻って行く。雪が降っていた。来た時も降っていたが、それよりもたくさんの雪が降っていた。

 

1月15日日曜日

家で過ごしていると、かつての恋人から電話が掛かってくる。

 

I am a sinner who's probably gonna sin again
Lord, forgive me
Lord, forgive me
Things I don't understand
Sometimes I need to be alone
Bitch, don't kill my vibe
Bitch, don't kill my vibe

 

かつての恋人を家の前まで送ったところ、頑として車から降りようとしないので、ドアを開けて無理矢理降ろして、家に帰った。

 

私は何度も同じ罪を犯す。ビッチというのは周りにいる誰かのことではなくて、ある運命やタイミングを指しており、それよりも何よりも自分自身のことなのだと思う。私は癇癪持ちで自分勝手な最低の人間だ。だからもう極力、ひとに会わないようにしたい。誰かに会っても、最終的にはそのひとを傷つけるだけなのだから。悲しい、身を切られるように悲しいけれど、同じ罪を犯さないためには、それが一番正しいように思った。